PGのための激務脱出計画サイト

度重なる仕様変更はプログラマーを激務に追い込む

PGのための激務脱出計画サイト

仕様変更が起きる原因と対処法

何度も仕様変更が起きてしまう原因

システム構築プロジェクトを担当していると、既に全ての仕事を終えたはずなのに仕様変更が起きてまた仕事をしなければならないということがよくあります。仕様変更が起きてしまうと、プログラマーたちは今まで頑張って作って来たシステムを壊して再度作り直さなければなりません。つまり、システム完成までに費やしたお金と時間が、仕様変更によって無駄になってしまうということです。そのため、なるべくなら仕様変更はない方が良いのですがこのような問題が起きる原因として、ユーザーにコスト意識がないことやシステムエンジニアの腕が悪くて設計にミスがあることなどが挙げられます。このように色々な原因が考えられるのですが、仕様変更を生じさせる最も大きな原因としては業務パターンの整理ができていないことだと考えられます。

業務パターンとは何か?

まず、業務パターンというのは何かということですが、一言で言えば「行われる業務をパターン化して整理したもの」のことを言います。システム構築をする流れは、今後やりたい業務を明確にした後でそのために必要なシステムを明確にするという、業務担当者が責任を負う仕事から始まります。そして、その後でシステムにどう動いてほしいか、どのように実装するかを明確にするという責任が開発担当者に移ります。これらの仕事のうち、業務担当者の最初の二つの決定について、ここがしっかりとしているかどうかが問題になるのです。業務パターンは、業務としてやりたいことをきちんと翻訳する(必要なシステムを明確にする)為に網羅的にパターン化して整理した資料ということになります。

どのようにして仕様変更を防ぐか

仕様変更が起きる原因は、業務パターンが整理できていないためにしっかりとした構造が作られていないというものです。業務パターンを用いて「何が業務として正しいか」を決めるのは業務担当者の仕事のはずですが、実際に表を使うなどして整理する能力に長けているのはシステム開発経験者となってしまっています。つまり、業務の中身を決めるのは業務担当者であるユーザーの方であり、フォーマットを提案するのはシステム開発者というねじれの関係が生じてしまうことになるのです。仕様変更は、業務に必要な資料がしっかりと作られている場合にはあまり起こらないと考えられます。ですが、ねじれが発生してしまっていることでシステム開発に必要な資料が十分には作られない構造になってしまっています。そのため、まずはこのねじれを改善するところが重要になりますが、それ以上に、業務パターンの整理の必要性に気付いた人がまずは整理するということが必要になります。この整理にはその人の立場は関係ないため、仕様変更で苦労しないためにも気付いたら動くことから始めるようにしましょう。

激務なPGによく読まれている記事