PGのための激務脱出計画サイト

プログラマーが激務になる原因!プロジェクトの炎上

PGのための激務脱出計画サイト

プロジェクトの炎上

プロジェクト炎上の原因とは?

IT業界では、「プロジェクトが炎上する」という言葉をよく聞くことがあります。これは、納期までにシステムを納品するめどが立たず、システムエンジニアやプログラマーが長時間労働を強いられている状態のことを示しています。プロジェクトの炎上を防ぐためには、予め納期をしっかりと確認し、人数を十分に確保して計画通りに進めていくことが必要です。しかし、どんなに対策をしていたとしても、時には炎上を避けることができないこともあります。普通に考えると、プロジェクトが炎上する原因はプロジェクトマネージャーの力量不足や各プロジェクトメンバーのスキル不足、始めから無理のある納期の設定などが考えられます。
確かに、プロジェクトが成功するためにはプロジェクトマネージャーがしっかりと計画を立ててリスク管理をすることが必要です。そして、その計画に沿って各メンバーが仕事を進めていくこと、納期に余裕をもってしっかりと納品できるようにすることも大切です。このような原因は、確かにプロジェクト炎上の要因であることに変わりありません。しかし実際には、これら3つの原因に対する対策をしていたとしても、どうしても炎上を避けることができない場合もあるのです。それが納期が重なってしまった場合です。

クライアントへの依存が大きい

いくつもの仕事を受け持つことになると、その仕事の数だけ納期が存在することになります。クライアントが要求する納期は、全てのプロジェクトにおいて違う日付ということにはなりません。もしかすると、違う時期にプロジェクトを受け持ったのに、その内容の違いから同じ日が納期になってしまうことも考えられるのです。大きなプロジェクトの納期がいくつか被ったとしても、ちゃんと人材を確保して計画通りに進めることができるのであれば、納期までに納品することができると思います。
しかし、納期が被っているプロジェクトの数があまりにも多くなってしまった時には、納期が来年であっても早い段階から炎上することが分かってしまうこともあるのです。もし、今現在プロジェクトの数がゼロで複数のプロジェクトに時間を費やせる状態だったとしても、それで炎上を避けることができるわけではありません。なぜならば、システム構築の過程においてはクライアントに作業を要求する場面が多いからです。つまり、クライアントの作業の進み具合に合わせてプログラマーたちは仕事を進めることになります。そのため、早めにプロジェクトを進めようと思っても、思ったように進まずに困ってしまうことが多いのです。このような理由から、プロジェクトの炎上を防げないことが多くあり、早い段階から炎上することが分かってしまうことも多いということになります。

激務なPGによく読まれている記事