PGのための激務脱出計画サイト

プログラマーを激務から救うITツールとその活用方法

PGのための激務脱出計画サイト

ツールを使いこなす

ITツール導入のメリット

激務に追われるプログラマーの間で注目されているのが、ITツールを用いた業務の効率化です。ITツールを導入することによって業務の効率化が図れれば、生産性も自ずと向上します。残業時間の削減などにもつながるため、プログラマーだけでなく企業側にとってもメリットは大きいです。無駄な業務を省くことで労働環境が改善されれば、プログラマーとして有意義な時間を過ごすことができるでしょう。業務成果なども数値として可視化しやすくなるので、やりがいを持って業務に取り組めます。 また、情報共有がしやすい点も、ツール導入のメリットの1つ。例えばコミュニケーションツールを使うと、どこにいても気軽にコミュニケーションを取り合うことができます。結果的にオープンな関係性を築きやすくなり、スタッフ同士の連携力もアップするでしょう。

ツール導入のコツ

確かにITツールを駆使して業務を簡略化できれば仕事量が減り、激務から開放される可能性は高まるでしょう。しかし、ただむやみやたらにITツールを導入したところで、それをうまく活用できなければ何の意味もありません。ITツールを導入する際は、まず業務の内容や流れを把握し、何をIT化すれば効果的なのかを見極める必要があります。見極める際は、業務量の多さや発生頻度、難易度などから優先順位を付けていくとわかりやすいでしょう。効率化するべき業務が決まったら、目標を設定します。「この業務に費やす工数を◯時間削減したい」といった具合に具体的な数値を設定しておけば、より適したツールを選定できるでしょう。この際、外部の専門家にサポートを頼むと、ツールの導入がよりスムーズにいく場合もあります。

オススメツールの紹介

ここでは、オススメのITツールを2つ紹介します。まずは紹介したいのが、「Backlog」。これは、株式会社ヌーラボが提供しているプロジェクト管理ツールです。プロジェクトごとのタスク管理やメンバー間のコミュニケーション、チームコラボレーションなどを円滑に進めることができます。タスク管理と情報共有にフォーカスして機能性をシンプルにしているため、非エンジニアでも操作しやすいのが特徴です。プロジェクト管理に必要な機能が凝縮されており、多くのシーンで活用されています。 次に紹介するのは、「GitHub」。これは、GitHub社が提供しているソフトウェア開発のためのプラットフォームです。Gitによって制作したソースコードを保存・公開することができるサービスで、誰でも無料で使用することができます。ソースコードの閲覧はもちろん、バグ管理やSNSとしての機能もあります。使いこなすことができれば、プログラミングやデザインといった幅広い業務への応用が可能です。企業のなかには、GitHubでバージョン管理を行っているところもあります。

激務なPGによく読まれている記事