PGのための激務脱出計画サイト

プログラマーの激務脱出最終手段!フリーランスになる

PGのための激務脱出計画サイト

フリーランスになって自由に仕事をする

家やカフェで仕事ができる

プログラマーとして会社で激務の日々を送っている人は、フリーランスプログラマーになることでそこから抜け出すことができるようになります。まず、フリーランスプログラマーになることによるメリットとして自宅で仕事ができるということが挙げられます。自宅で働くことができるということは、会社へ出勤する必要がないということです。出勤する必要がないため、今まで出勤時間で潰されていた時間を他のことに費やせるようになります。
また、通勤ラッシュで毎日クタクタになることもありませんし、疲れた時にはすぐに寝室へ行き休むことができます。さらに、どこでも仕事をすることができるため、家で仕事をするのがはかどらないという時には近くのカフェに行くのも良さそうです。

自由に時間を管理できる

フリーランスプログラマーは会社勤めに比べると自由が多いということで、仕事をする場所以外にも時間も自由に使うことができるというメリットがあります。まず、働く時間を自由に決めることができるのは大きなメリットの一つです。出勤時間と退勤時間が存在しないため、自分が働きたいだけ働くことができますし、好きな時間から仕事を始めることができます。時間が自由なので自分でしっかりと時間の管理をしなければならない大変さはありますが、ちゃんと管理できるのであれば休みを取りながら仕事をすることも可能です。
プログラマーはフリーランスになったとしても毎日仕事に追われて大変なことには変わりありません。自由が多いので会社に勤めるよりはストレスが少なくなりますが、それでも休みを取ることは非常に重要になるのです。納期をしっかりと守りながら休めそうな日を作ることが可能なので、休みの少なかった会社勤めの時に比べるとかなりメリットが大きいと考えられます。

仕事も自由に選べて節税対策もできる

フリーランスになると、自分で仕事を自由に選ぶことができるようになります。フリーランスになりたての頃はまだあまり仕事がなくて選ぶというところまでは行かないかもしれませんが、仕事が順調に進むようになると、いくつもある案件の中から自分やスケジュールに合った仕事を選ぶことができるようになるのです。苦手な仕事をする必要がなくなりますし、自分で仕事を選んで多く引き受けることもできるため、働いた分だけ報酬を得ることができるようになります。つまり、単価にもよりますが、会社員時代よりも多くの報酬を得られる可能性が高まるということです。フリーランスは自分で確定申告をしなければなりません。これは大変ではありますが、自宅で仕事をするのであれば節税対策がしやすいと考えられます。会社では自分で確定申告しないので節税対策を自分ですることはできませんでしたが、フリーランスはそれが可能になるので税金を低く抑えることができるのです。

激務なPGによく読まれている記事