PGのための激務脱出計画サイト

激務ではあるが敷居は低い。プログラマーになるには?

PGのための激務脱出計画サイト

プログラマーになるには?

必須条件はない

様々な所にIT技術が使われているということもあり、プログラマーになりたいと思う人は多いと思います。ですが、その仕事に就きたいと思っても、何か資格が必要なのかとかプログラミングについて大学や専門学校で学ばなければならないのかなど、様々な疑問が浮かんで行動に移せない人もいるでしょう。その気持ちは分かりますが、プログラマーになる場合にはそこまで深く考える必要はありません。
なぜならば、仕事をするためには、資格の取得や出身学校・学部などは一切関係ないからです。世間一般的なイメージとして、プログラマーは理系出身だというイメージが強くなってしまっています。ですが、実際にプログラマーとして働いている人を見ると、文系出身者もかなり多くなっているのです。また、社会人としての常識があれば特に問題ないため、IT系の専門学校を出ていない人でも問題なく仕事ができるようになっています。そのため、プログラマーになるためには、なりたいという気持ちがあることが大事だということになります。

敷居が低く設定されている

プログラマーとして仕事をするためには特に細かな制限はないということですが、その理由としてはプログラミングをする環境のスリム化が挙げられます。プログラマーと聞くと、どうしても会社に勤めていたりフリープログラマーとして働いている人を思い浮かべてしまいがちです。しかし、本職としてプログラミングをしている人以外にも、趣味や副業で簡単なホームページを作っている人もプログラマーと言うことができます。今では、本をわざわざ買わなくても、ネット上でHTMLなどを勉強して自分でホームページ制作ができるような環境が整っています。そのため、ネットを使って勉強をして少しずつ知識を付けていくことで、一般の人でもプログラマーになることが可能になっているのです。

学校に通うのも選択肢の一つ

プログラマーになるための敷居が低くなったと言っても、プログラマーを本職として高い技術を身に付けようと思ったら、やはり学校に通うのが一番だと考えられます。大学の理工系を始め、情報処理系の学部や専門学校に行くことができるのであればそこに通うことで基礎知識から高い技術まで身に付けることができます。更には、知識や技術面以外でも、就職するのも有利になる可能性が高くなっていることからも、学校に通うことは非常にお勧めです。就職については、IT業界は人材不足が問題視されているため、どこでも就職しようと思えばできないことはありません。ですが、なるべく良い待遇が受けられる所に就職したいというのであれば、学校に通っていた方がより良い結果に繋がると考えられます。学校に通わなくてもプログラマーになることはできるので、自分にはどちらが向いているかを考えることが大切です。

激務なPGによく読まれている記事