PGのための激務脱出計画サイト

激務で知られるプログラマーの仕事内容は?

PGのための激務脱出計画サイト

プログラマーの仕事内容

システムやソフトウェアを作るのがメイン

激務と言われるプログラマーは、主にプログラムを組んで確認をすることが仕事内容になります。プログラムを組むという所から分かるように、プログラマーとして仕事をするためにはプログラミング言語を習得していることが必要です。プログラムを組むことでシステムやソフトウェアを作ることになるのですが、これらは日常生活を営む上で欠かせないものとなっています。プログラマーが作成したシステム・ソフトウェアは、物流や金融システムのように企業が使用するものから、テレビや携帯電話のように個人が使用するものまで様々です。特に、携帯電話はスマートフォンの普及によって多くの人が毎日ネットやアプリを楽しむようになっていますが、それもプログラムによるものなのです。 プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書に従ってプログラムを作ることになります。仕様書通りに作ることはとても大事ですが、作るだけでなく作ったプログラムが正常に作動するかを確認することも大きな仕事です。この他にも、結合テストやリリース作業などの仕事を任されることもあるため、プログラマーの仕事は多岐にわたります。

仕様バグの発見という重要な仕事

プログラムを作った後でもプログラマーには仕事が残っています。プログラマーは、作成したプログラムを動かしてバグがないかどうかを調べなければならないのです。仕様書通りに作ったとしても、実際に作って動かしてみると、使用に不備があって正常に動かないことがあります。この「仕様バグ」は、仕様書を作っただけでは気付かない問題点です。仕様バグを見つけて改善するためには、一度だけプログラムをテストするのでは不十分です。何度も何度もテストをして、そのたびに見つかる不具合を修正していくことで、最終的にシステムやソフトウェアを完成させることができます。数日のテストだけでは足りず、何か月にも渡って同じプログラムについてテストをしなければならないこともあるため、忍耐強い人がプログラマーに向いていると考えられます。

長く仕事をすると仕様書の作成も

プログラマーは仕様書を見てプログラムを作るということでしたが、それは一見簡単そうに見えて難しい作業の一つです。仕様書の中には丁寧に書かれていないものもあるため、そのような仕様書が手渡されたときには内容をプログラムに変換していかなければなりません。また、このような仕事の他にも、長く仕事をしているプログラマーは自分で仕様書を書くようになることもあります。つまり、初心者ではなく経験を積んだプログラマーになればなるほど、システムエンジニアとの線引きがあいまいになってシステムエンジニアがするはずの仕事をすることもあるということです。ただ、最初はプログラムを作るのがメインの仕事のため、そこまで仕事の幅広さで心配することはありません。

激務なPGによく読まれている記事