PGのための激務脱出計画サイト

激務が続くとプログラマーを辞めたくなる

PGのための激務脱出計画サイト

プログラマーを辞めたいと思うとき

過酷な長時間労働に耐えられない

憧れていたプログラマーになったとしても、実際に仕事をしてみると思っていたのと違ったり自分には合っていないと感じて辞めてしまうことも考えられます。まず、プログラマーを辞めたくなる原因の一つに、長時間労働に耐えられないということが挙げられます。プログラマーは、自分でプログラムを作ることができるという楽しみがある職業ですが、定時で仕事を終えて自由な時間も作りたいという人にはあまり向いていないと考えられます。
IT業界は、長時間労働や残業が多いということで有名です。全ての会社がそうだとは言えませんが、1日に10時間以上働いているプログラマーが多くなってしまっています。法定労働時間は8時間と定められていますが、それを遥かに超える時間で仕事をしているということです。平日はそのように長時間働いていたとしても、休日にちゃんと休みを取ることができればまだ良いかもしれません。しかし、実際には休日にも仕事に出なければならないこともあるため、ゆっくりと休める時間は少ないと考えられます。これから長く仕事をしていく中で、このような生活を送り続けるのが難しいという人はプログラマーを辞めたくなってしまうかもしれません。

無駄になる知識の習得をしなければならない

IT業界で働くということは、常に新しい情報を手に入れたりスキルアップのための勉強をしなければならないということです。プログラマーに限らず、勉強が苦手・嫌いという人は多いと思います。もし勉強したくないと思っていたとしても、プログラマーとしてこの先仕事をしていくためには、どうしても勉強が必要なのです。しかし、そこで得た知識は、この先ずっと必要な物になるとは限りません。IT技術関連の知識を取得したとしても、数年後にはそれが必要なくなる可能性もあるのです。いつかはいらなくなるからといって勉強しないでいれば、IT業界では置いて行かれてしまいます。勉強をしたくないと思った時にも、プログラマーを辞めたくなる可能性が高くなります。

将来への希望が見出せなくなる

他にも、仕事をしていて上司や頑張っている他のプログラマーを見た時に、プログラマーを辞めたいと思うこともあります。自分では頑張っているつもりでも、周りからもっと頑張れと激励されることが考えられます。特に、凄いと思っている上司からそのように言われたときには、これ以上頑張らないとやっていけないのかと辛さを感じてしまいます。毎日長時間仕事をして終電で帰る日々を繰り返していても頑張りが足りないというのであれば、どうすれば良いか分からなくなります。将来に希望を見出すことができないということで、このような時にもプログラマーを辞めたくなる可能性が高くなるのです。

激務なPGによく読まれている記事